コンプレックスも解消|気になるしみも治療で一網打尽にできちゃう!|美容外科博士

気になるしみも治療で一網打尽にできちゃう!|美容外科博士

コンプレックスも解消

振り返る女性

美容外科で受けることができる手術としては、シリコンバックによる豊胸手術や脂肪注入による豊胸手術、ヒアルロン酸注入による豊胸手術などがあります。

シリコンバックは、一度の施術で大幅なバストアップ効果を期待することができ、ほぼ希望通りのバストを手にすることができます。
以前に比べると、手触りも自然でバックが破れるというリスクも少なくなっていますが、異物を挿入することに抵抗があるという人にはおすすめできません。
また、シリコンバックによる豊胸手術を受けた場合、ダウンタイムが長引く場合もありますし、レントゲンに移るというリスクもありますから、クリニックを選ぶ際には、きちんとフォロー体勢のあるところを選ぶと安心です。

脂肪注入は、自分の脂肪をバストに移植する治療で、もっともさわり心地が自然で、周囲に豊胸手術を受けたことがばれにくいという特徴があります。
ただ、もともと痩せ形の人はとれる脂肪が少ないため希望の大きさにならない可能性もありますから、事前に医師とよく相談することが大切です。

ヒアルロン酸注入は、治療後のダウンタイムもほとんどなくメスを使用しないため手軽に受けることができるというメリットがあります。
ただ、ヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されてしまうため、永久的にバストをキープすることはできません。
ヒアルロン酸注入は、美容外科でも手軽に受けることができるプチ整形として人気がありますが、何度も受けると結局高額になってしまう場合がありますから、きちんとデメリットも説明してくれる美容外科を選ぶようにしましょう。