根強い人気の脂肪吸引|気になるしみも治療で一網打尽にできちゃう!|美容外科博士

気になるしみも治療で一網打尽にできちゃう!|美容外科博士

根強い人気の脂肪吸引

笑顔の女性

お腹や二の腕、太股の脂肪を何とかしたいと思い、ダイエットを行っても、なかなか理想の体型にすることは難しく、途中で断念する人も多いのではないでしょうか。

美容外科で行っている脂肪吸引は、短時間で部分痩せが可能で、食事制限やつらい運動、筋トレを行う必要はありません。
脂肪吸引と一言でいっても、シリンジ法や脂肪溶解レーザー、ボディジェット法、ベイザー波などいくつかの方法があります。
シリンジ法は、手作業で行う脂肪吸引法で、チューリップシリンジという注射器を使用して吸引していきます。
吸引機器を使用せずに美容外科の医師の手で施術を行っていくため、微細な調整が可能となっています。
出血量が少ないというメリットがありますが、お腹や太股などの広範囲に大量の脂肪を吸引するのには不向きといえます。

脂肪溶解レーザーは、直径1mm程度のカニューレを挿入して、レーザーを照射しながら脂肪を吸引していく方法で、自然に脂肪を吸引していくことができます。

ボディジェット法は、カニューレから水流を噴射することで、脂肪を分離して吸引していくことができます。
脂肪細胞と血管や神経からはなして吸引することができるため、周辺の組織を傷つける心配もなく、ダウンタイムも短いのが特徴となっています。

ベイザー波は、超音波を使用して皮下脂肪を液体状に溶かすことで、脂肪を吸引しやすくすることができます。
このように美容外科では自分にあった施術方法を選択することが可能です。